お見積りはこちら

オリジナルのれん


 

染物とは

染物の大きな特徴は水を使用して繊維の中に色分子を科学的に固着させることです。水と染料とのりを混ぜたものを生地につけて、生地にのせ、蒸し・水洗等の後工程を経て仕上がりです。
絵際がにじんでしまうのは、水を使うからなのでそれが本来の染めのありかたです。また生地は水を通したり、熱を加える過程で縮みます。なるべくご希望のサイズに仕上げますが、2cm以下のサイズの狂いは避けられない場合があります。
新しい工法の昇華転写捺染(デジタル染色)では染物らしくないエッジのきいた絵際が特徴ですが、やはり熱を加えるので若干の生地の縮みはあります。
デザインによって、またご希望の生地によって染め方は当方でご提案もできますが、以上の点をご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

昇華転写捺染

幅90cm 高さ80cm~110cm

【印刷特徴】
4色フルカラー印刷ができます。
写真のような仕上がりをご希望の場合は
昇華転写印刷をお選び下さい。
生地はポリエステル地のみとなります。

 

スクリーン捺染

幅90cm 高さ80cm~110cm

【印刷特徴】
サイズが140cm~330cm位までの 
凸凹のない生地を染めるのに適しております。
ただ、磁石の力を利用して 片面から裏面まで
染料を生地に浸透させるため、どうしても型際(絵際)
が、にじむ場合が多いです。

 

手捺染

幅90cm 高さ80cm~110cm

【印刷特徴】
手捺染は機械捺染では小さすぎるサイズのもの 
絵柄の細かいものを主に染めます。
手捺染というくらいですので手でスクリーンを
用いて染めます。
こちらは手加減で柄の細かさを表現できますので
小さいものを染めるのに適しています。

 

引染め

引染め

【印刷特徴】
引染(型糊引染)は 主に一色ものを染めます。
防染糊を生地の上において
乾かし、刷毛で染料を引くように染めるので
引染といいます。
刷毛で両面きれいになぜるので、凸凹のある生地や
厚みのかなりある生地などの染色に向いています。
また、生地長 約13m位~25m位のものまで
(内容によります)
を生地巾35cm~140cmまでのものが染められます。